MRT(筋肉をゆるめる)は、さとう式リンパケアから派生した手法です。

MRT(筋肉をゆるめる)は、さとう式リンパケアから派生した手法です。

筋肉のポンプ作用に着目し血管から酸素と栄養素が供給され筋肉がエネルギーに変換し、そしてポンプ活動を行い老廃物を排泄しそして血管やリンパ管に排泄され体液が循環する。
その体液である「間質リンパ」のポンプ作用に着目し局所循環を改善していくものです。

あくまで物理的な作用であり基礎医学である 解剖や生理学 生化学を参考としていますが臨床の経験に基づく統計的な考えではなく医学的ですらありません。
自然科学的 力学的な単純な筋肉のポンプ作用を活性化していくものです。

痛みや運動障害のほとんどが 筋筋膜系に起因しその多くが局所循環の改善で良くなっていくのです。
細胞には環境を整えれば自ら改善する力を持っています。
しかし多くの施術の場合は、循環を良くするために外力を与えたり薬の力に頼るのみです。

MRTでは「呼吸」「触れる」「ゆらす」「優しい言葉」がけという微弱な刺激によって脳に働きかけ血管を拡張させ 物理的なポンプ活動を活性化させていきます。

この理論と手法により一瞬で筋肉をゆるめ 可動域を広げ 痛みを消し去ります。

シンプルな手法で痛みや苦しみから解放されると一瞬にして希望が芽生えます。
希望は大きな原動力となりそれぞれの人生のベクトルをマイナスからプラスに替えて行くきっかけとなります。

私たちは国内外で講座を開講し多くの人々が希望を手にする瞬間に立ち合うことを経験しています。
そして今まさに、これらの苦しみを味わっている人々の人生のベクトルをマイナスからプラスへと向きを変えられる!
「不安とともに」ではなく「希望とともに」人生を歩んで行ける!
そう変えて行ける!
そうなれば社会も、世界も変えられる!と考えています。

「日本そして世界に希望とハッピーを届けよう!」
この共通理念のもとに、施術者や講師が増えたらどんなに素晴らしいことでしょう。

一緒に 希望とハッピーを届けよう!